リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

カテゴリ:鉄道 > ディーゼル機関車

4/29(祝)は既にご紹介した通り、鹿島貨物に充当された広島更新色のEF64-1049号機を、成田線下總神崎-大戸間で水鏡で撮影し、さらに鹿島線潮来-延方間で撮影したのですが、同行した息子KTのリクエストで鹿島臨海鉄道へも追ってみることにしました。まずはJRの終点駅である鹿島サッカースタジアム駅に行き、仕業を終え休むEF64-1049号機と鹿島臨海鉄道のKRD64-1号機への連結シーンを見学。
DSC_7617

DSC_7621

DSC_7630

DSC_7631
さらに撮影地を探しながら鹿島臨海鉄道沿いに車を走らせ、適当な場所でKRD64-1号機牽引の貨物列車を撮影することができました。
DSC_7641

DSC_9941
DD13似のKRD64形は可愛らしいですね。架線がない臨海鉄道での撮影も楽しいものです。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

 宗谷ラッセル雪351レを塩狩で撮影後、和寒の陸橋で最後の撮影に向かおうと走られせていると、気になる路地を発見して入ってみると踏切がありました。そこでは塩狩を出発して豪快に雪煙をあげてやってっくる宗谷ラッセル雪351レを撮影することができました。
DSC_5525

DSC_5547
その後、予定通り和寒-東六線間の陸橋へ移動して、遠征最後の宗谷ラッセルを撮影。
DSC_5611

DSC_5632

DSC_5659
最後は翼を開いてはくれなかったものの、今回の遠征ではDE15のラッセルをたっぷり堪能することができました。いつ置き換えがされるかわからないDE15ですが、まだまだ活躍してくれるといいですね。そしてまた豪快なラッセルを見に行けたらいいなと思っております。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

宗谷ラッセル雪362レを音威子府と東恵橋で堪能した後は、DE15-2521号機による下り雪351レを塩狩駅で迎えることにしました。退避線はあまり除雪されていなかったので、雪を押しながら入線して来ました。
DSC_5427

DSC_5432

DSC_5445
ここでしばらく停車するので、撮影会状態に。
DSC_5452

DSC_5460

DSC_5475
キハ40との交換シーンも見られました。
DSC_5478
DE15の雄姿は頼もしいですね。来年もまた見られるといいのですが。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

早朝の撮影を終えた遠征3日目のメインはやはり宗谷ラッセルです。前夜からの降雪による雪掻きを期待して、初日よりさらに北上して音威子府まで行きました。ところが現地に着いてみると撮影地ガイドで紹介されていたような雪山がない。やはり今年は暖冬の影響でかなり雪が少ないそうです。
それでも定刻通りにやって来た雪362レのDE15-2511号機はしっかり雪を掻いてくれました。
DSC_1191

DSC_1209

DSC_5357
その後、初日訪れた北星-日進間の東恵橋へ追いかけました。
既に多数の同業者がスタンバイしておりましたが、何とか場所を確保して撮影できました。
DSC_1214

DSC_5401

DSC_5414
初日と違って豪快に雪を掻いてくれ、ラッセルの醍醐味を楽しむことができました。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

新コロナウィルスが広がり、北海道では緊急事態宣言がでるなどかなり緊迫してきました。
先週末に旭川に出かけた私は、ほどんど一人で車で行動していたので大丈夫かと思いますが…ちょっと心配しています。皆さんもくれぐれもご自愛ください。
さて、遠征2日目の夜は21時には寝てしまったので、最終日の3日目は予定外の3時起床。
せっかくなので5時にチェックアウトして旭川に戻る宗谷ラッセル雪352レを旭川貨物ターミナルを跨ぐ陸橋で撮影してみることに。まだ日の出時刻前でしかも降雪が強くなり、全く先が見えない状況での撮影となりました。
DSC_5139

DSC_5142
撮影後、新旭川駅近くの踏切に移動して回送されるラッセルを待ちました。
すると平行する石北ラッセル雪552レのDE15-1535が旭川へ戻って来ました。
DSC_5197
ここは電化区間で出庫する789系1000番台も。
DSC_5241
そして旭川から宗谷ラッセルのDE15-2515が回送されて来ました。
DSC_5178
最終日のこの日は雪が降り不安と期待の中で、予定外の早朝撮影からのスタートでした。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

↑このページのトップヘ