リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

カテゴリ: 2018 旅行・グルメ・その他

先日の山陰迂回貨物を根雨駅での撮影を終え、レンタカーで宿泊先の津和野まで約4時間かけ一気に戻りました。今回はご紹介した通りスターフライヤーとホテルのセットプランで遠征したのですが、あまりにも安かったのでホテルは期待してなかったです。宿泊先は「よしのや」という旅館。正面からの写真を見ると、いかにも古く小さい旅館?という感じで、まぁ寝られればいいやと思っておりました。



ところが、中に入ってみてビックリ。入り口からは想像できない程の奥行があり、オール畳敷きの館内には、リラックスルームや書庫などの楽しめる部屋や、可愛い小物がいたるところに飾ってあり、とてもきれいなホテルという感じでした。



部屋もバストイレ付でウォシュレット(これが重要!)や消臭剤など、細部まできめ細かい配慮がなされておりました。



露天風呂はないものの大浴場もあり、たくさんのアメニティが準備されておりました。ちなみに翌朝、外を見ると奥行の長さの実態がわかりました(笑)。



飛行機とホテル込みでこの値段?????円ということは、ホテル代は実質????円。とてもコスパが良すぎる程の旅館でした。今後は是非家族で訪れたいと思いました。

小田急LSEで楽しんだその後は、土日とも七夕まつりに出かけました。
7/7(土)は「下町の七夕まつり」で浅草から上野まで散策して来ました。
派手さはないものの、スカイツリーをバックに、ずーと長く続く商店街を楽しく歩けました。こちらは観光客の3割以上?が外国人という国際的なお祭りでした。



そして翌日7/8(日)は有名な「平塚七夕まつり」へ。
こちらは規模が半端なく、屋台と人の多さに驚きでした。






ただ少し離れた平塚八幡宮は、静かさが嬉しかったです。



今後も色々な特徴ある各地の七夕まつりに行ってみたいと思います。


ご紹介した通り、6/24(日)いすみ鉄道で紫陽花とキハを撮影後、国吉駅近くにある房総の出雲大社と国吉神社に立ち寄りました。島根にある出雲大社の由緒ある分社であり、いすみ鉄道との相乗効果で人気が高まっている場所です。ただ現在その建屋が改修工事が進められており、左手の金比羅神社へ神様が移されておりました。









隣には国吉神社が並んでおり、境内には紫陽花が多数栽培されておりました。









こうした場所を訪れるは色々発見もあり楽しいですね。

今日は妻のリクエストで茂原市にある「服部農園あじさい屋敷」に行って来ました。
私は全く知らなかったのですが、行ってみてスケールの大きさにビックリ!
入場料は500円でしたが、総面積27,000㎡の屋敷に18,000㎡、300品種・10,000株以上の紫陽花が、色彩豊かに咲き誇っておりました。それなのに観光バスは1台もおらず。これは間違いなく千葉の新名所になりますよ!あれとセットで。









ワンちゃんも被写体に…。



色とりどりの紫陽花。











茂原、そこまで行って…あれは?そう距離にして約10キロ程。もちろんここに来る前に寄って来ましたよ。それはまた後ほど紹介しますね。

我が家では毎年初詣に神田明神と成田山に出かけますが、今日は妻と都内を散策するついでに神田明神に行って来ました。いつものように1年の開運を祈願したのですが、ちょうどだいこく祭りが行われておりました。だいこく様とえびす様に扮した神楽師が小槌を振り祈祷しておりました。













今年もいい年となるよう、福をもらった気がします。


↑このページのトップヘ