リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

カテゴリ: 思い出の鉄道写真

2015年3月のダイヤ改正の概要が発表され、上野東京ラインの開業、北陸新幹線の開業と華やかな内容の一方、北斗星の廃止(8月までは臨時運転)とショッキングな内容も発表されており話題となっておりますが、ひっそり廃止が決まったものの一つに特急「あやめ」の廃止があります。
1975年3月のデビュー以来40年目にして廃止が決まったものです。デビュー当時は183系(マリ車)で東京-鹿島神宮間を最大5往復運転されておりましたが、現在はE257系5連にて東京-鹿島神宮・銚子間を2往復運転されております。
今では高速バスが頻繁に走りその役目は通勤輸送目的に限定されておりました。
そんな「あやめ」号の写真を紹介したいと思います。
183系で運転されていた「あやめ」号 新検見川-稲毛間にて

亀戸付近を通過する183系「あやめ」

幕張電車区(現幕張車両センター)にて

183系の貫通扉を開けていただきました。

今ではE257系5連という淋しい編成です。

※183系はネガスキャンのため、色褪せしております。ご容赦ください。
 

EF81-81号機がローズピンク色に銀帯のお召仕様で出場されましたね。
早くブルトレや旧客(できれば御料車も!)を牽引する姿を見てみたいですね。
かつての写真をいくつか見つけましたので紹介します。



以下、1985年つくば万博お召列車の写真も再掲します。



詳細はこちら

元国鉄101系こと秩父鉄道1000系が本日現役を引退しました。
幼少期より馴染みだった101系がとうとう消えてしまいました。約50年間走り続けてくれたことに本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。
そこで過去の101系の画像をいくつか紹介したいと思います。

 

中野電車区イベントにて103系、201系とともに。

津田沼電車区にて許可を得て撮影した101系と103系

津田沼電車区での101系

津田沼電車区所属113系(房総ローカル用)とともに。

中央快速線用101系(オレンジ色)を借り入れて運用につく総武緩行線

春の花々が咲き誇る中を走る101系

 

 

この頃、101系も輝いていましたよね。
ありがとう101系!
ご苦労さま101系!

今朝、妻から「東北線で上野までSLが走るんだって…」という言葉で起こされ、よくよく確認してみると、マジな話のようでビックリ!
フジテレビのめざましテレビの「みちのくSLギャラクシー」という企画で3月7日(金)〜8日(土)にかけて東北本線を上野までの特別列車が走るとの事。
 
まさか4月から営業復帰するC58-239を走破させる?向谷氏のツイートだとD51で上野に到着すると記載があるとか。よって途中は電機に牽引させて大宮か尾久で蒸機を再びつける…とか色々な憶測が飛び交っています。
尾久からだと撮影する場所ないので、かえって大パニックになりかねないですね。
1988年オリエント急行でD51が牽引時は大宮まで運転したんでしたよね。
確かこの時もフジテレビの企画だったような。
当日はとても撮りに行ける状況にならないかもしれませんが楽しみな企画です。
 
1988年オリエント急行運転時の写真を再掲します。補機はEF58-61号機でした。

 

今週末は絶好の撮影日和!なんですが、体調不良で出かけることができず・・・(涙)
具合も良くなってきたので、久々に古い写真を紹介することにします。
今回は1988年4月に北海道で復活運転されたC62-3によるSLニセコ号を撮影に行ったものを紹介します。
現役世代に見たことがなかった憧れのC62の走行シーンを見ることができるとあって、とても興奮したのを思い出します。
当時、小樽-倶知安間をスハフ44などの旧型客車5両を牽引し、函館本線の山線で力強い姿を見せてくれました。
 

 

 

 

 

↓蘭島-塩谷間

倶知安に到着したC62「ニセコ」号




いつかは、梅小路のC62-2号機との重連運転があるだろうと期待しているうちに、残念ながら1995年運転終了。
その間7年間に訪れたのは、残念ながらこの1回限り。
現在C62-3号機は苗穂工場で保存(2000年除籍)。一方スハフ44は北海道ワインやゴルフ場などで保存されたそうですが、今はどうなっているのでしょうか。
色々問題が発覚しているJR北海道ですから、C62-3号機の再復活な〜んで到底今は無理なんでしょうが、ぜひその勇姿をもう一度見たいと思っているファンは私だけでないでしょうね。
 
※フイルム色褪せにより、見苦しい色合いになっております。ご容赦ください。

↑このページのトップヘ