リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2020年08月

すっかり鮮度落ちとなりましたが、DD51・EF64重連貨物撮影の遠征での最終章です。
今回の遠征はコロナを配慮して名古屋中心地での宿泊を避け、稲沢散策がしやすい近くのホテルに宿泊しました。稲沢周辺での散策は息子KTの希望によるもので、愛知区にいる機関車や頻繁に行き来する貨物列車が見るために清州側のポイントで撮影しました。時刻表を用意してはいたものの油断できない程、頻繁にやってくる貨物列車を楽しむことができました。まずはEF210-301牽引の5071レ。
DSC_1476
かねてより、私が撮影したいと思っていたEF64-1039牽引の赤ホキ(5780レ)
DSC_1498
続いて桃EF210-161牽引の赤ホキ(5783レ)
DSC_1508
DF200-223による2089レを入換えから出発シーンへと撮影
DSC_1479

DSC_1512
EF64-1033+EF64-1018重連による6088レ
DSC_1529
DD51-1801による6079レを入換えから出発へと撮影
DSC_1536

DSC_1559

DSC_1579
そして稲沢駅構内では「1休車」札が入った広島更新色EF64-1046とDD51-1802などを見ることができました。現役復帰して欲しいですね。
DSC_3002
稲沢周辺は1日居ても飽きない程の列車の行き来や、入換え・留置されている機関車も見られ、本当に楽しい場所ですね。もし名古屋転勤になった際にはこの界隈に住みたいなぁ(笑)。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

既にご紹介した通り、昨日はSLみなかみ号を撮影しに青春18キップを使って電車鉄をして来ました。8月末だと言うのに灼熱の暑さで、水上駅前の喫茶店で涼をとったあとに復路の撮影に臨みます。
まずは定番の爆煙が期待できる水上駅の発車シーンを。
DSC_2522

DSC_2540

DSC_2554

水上駅舎内の待合室には今春の運転で使用するはずだった「ダブルSLぐんま号」「群馬DCオープニング号」のヘッドマークが展示されておりました。来年こそは実現して欲しいですね。
DSC_2562
本来はこれで撮影を終了して帰宅しようかと考えていたのですが、渋川で追い越したSLみなかみ号を、往路同様に八木原で途中下車して撮影してみました。普電から5分しかなかったので駅構内に進入するシーンでの撮影となりました。残念ながら煙は全くスカでしたが、夕陽を浴びたC61機関車を撮影できました。
DSC_2568

DSC_2579
この日は暑さで疲労困憊ながらも往路復路と2度撮りができました。高崎からはグリーン車でゆったりくつろぎながら帰宅しました。約4年ぶりのSLみなかみ号でしたが、まだまだ撮影してみたい場所がたくさんあります。また機会をつくって撮影してみたいと思います。


鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

昨日は青春18キップの最後の1枚を使って、SLみなかみ号を撮影に上越線へ煙分補給へと出かけました。SLみなかみ号は実に4年ぶりの撮影ということで気合いを入れたものの、8月末にも関わらずの灼熱の暑さに車でなく電車での移動の辛さにより、全て駅近のポイントを選択しての撮影となりました。
そこでまず訪れたのは八木原から5分程渋川よりに歩いた場所。駅を通過した付近から煙も出してくれました。
DSC_2399

DSC_2404
後続の普電で移動して岩本で下車。津久田側から入線するポイントで2回目の撮影をしました。
DSC_2417

DSC_2423

DSC_2429
灼熱の暑さにもかかわらず爆煙を満喫することができました。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

既にご紹介した通り、今回の一連の名古屋遠征の最大の目的はDD51貨物の撮影でしたが、やはりここでしか撮影できないEF64重連貨物を外すことはできません。そこでお手軽撮影地である矢田川土手で撮影することにしました。まずはEF64-1018+EF64-1033による5875レ。牛乳パックと国鉄色の組み合わせもいいです。
DSC_1709

DSC_1717
その前には国鉄色EF64-1038による81レも撮影できました。
DSC_1643

DSC_1656
そして対岸へ移動してEF64-1028+EF64-1025国鉄色重連による8084レ
DSC_1742

DSC_1751

DSC_1759
あまりの暑さに都度冷房効いた車に退避するといった状況でしたが、迫力あるEF64重連貨物を楽しむことができました。次回はぜひ山岳路線で撮影したいと思います。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

8/20~21とDD51+DF200重連貨物の8075レとDD51牽引の2084レを撮影したのですが、両日とも2084レの前にはハイブリッドの最新鋭HC85系の試運転が行われ撮影することができました。
DSC_1393

DSC_1396

DSC_1399

DSC_1854
ちなみに置き換え対象となるキハ85系(南紀号)はまだまだ元気でした。
DSC_1286
HC85系は電力と蓄電池によるハイブリッド車ですが、車両形式はクモロ、モハ、クモハなのですね。
2022年の投入を目指して試験を繰り返しているそうです。それまでにキハ85系もしっかり撮影に行かねばなりませんね。

鉄道コム 

↑このページのトップヘ