リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2019年08月

先週の日曜日、あるものを求めて高速で市原方面へ。その後、多少時間があったので、いすみ鉄道へ足を延ばして国鉄色に戻ったキハ52を撮影して来ました。稲刈りが早いこの地域、既に各所で稲刈りが始まっており、何とか間に合った感じでした。まずは小谷松-大多喜間の小さな鳥居があるポイントで。
DSC_0482
反対側は半分稲刈りが完了。
DSC_0501
追いかけて、上総中川-国吉間の有名な踏切付近へ。
DSC_0537

DSC_0540

DSC_0556
さらに上総東-西大原間で追いついて、青空をバックに。
DSC_0574
最後に新田野-上総東付近で折り返しを撮影して終了。
DSC_0603

DSC_0616
ところが、国吉近くにある出雲大社へ行っていた妻がこんな絵を撮影してくれていました。
DSC_0189
今回は鉄が目的ではなかったので、撮影ができた時間は僅かでしたが、稲穂とともに国鉄色のキハを撮影することができました。
いすみ鉄道にはもう秋が到来です。国鉄色になったキハ52とキハ28を撮影にまた出かけたいと思います。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

夏休み旅行の最後は琴電で楽しんだ後は瀬戸大橋を渡って岡山へ向かいました。
途中の与島PAに立ち寄り、瀬戸大橋線を撮影してみました。やって来たのはJR西日本223系+JR四国5000系によるマリンライナー。実は息子KTはひとりで高松からこれに乗って岡山に向かっていたのです。
DSC_0151

DSC_0160

DSC_0172

息子KTが撮影した瀬戸大橋を渡る車内(最後尾)から。
DSC_1886

このあと、岡山でレンタカーを返却して新幹線で帰京しました。
子供たちも大きくなり、これが最後?の家族での夏休み旅行は大変充実したものとなりました。
鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

夏休み旅行で出かけた家族旅行。その最終日金比羅山へ登ったあとに琴電のレトロ電車を撮影したのですが、その後琴平からの折り返しとなるレトロ電車に電車に乗って高松築港へと向かうことにしました。
DSC_0068

DSC_0058

乗車したのは大正14年製の20形23号。レトロ感満載です。
DSC_0120

DSC_0111

DSC_0081

昭和3年製の5000形500号
DSC_0093

DSC_0084

大正15年製の1000形120号 近代化産業遺産のプレートも。
DSC_0102

DSC_0086

DSC_0088

窓全開で懐かしい走行音を聞きながら高松築港へ1時間程の楽しい旅でした。
最後に折り返しの回送をお見送り。
DSC_0138

90歳を超える現役電車。2021年までに順次引退するそうですが、貴重な鉄道遺産です。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

8/23(金)は渋川の大正橋で新車・廃車(譲渡)・改造3本の配給を撮影後、EF65-501号機による高崎工臨がるということで本庄へ移動。本来なら有名撮影地へ行こうかとう思っていたのですが、時間が間に合いそうになかったので、やむを得ず駅近くのポイントで撮影しました。
DSC_0384

DSC_0388
そして昨日はEF64-37号機による甲府工臨があるということで、新金線の新中川橋へ撮影に行きました。
DSC_0431

DSC_0435
息子KTは別ポジションから。
DSC_3553
さらに新小岩操車場で撮影会。
DSC_0441

DSC_0456

いずれも私が若いころからバリバリ現役で頑張っていた老兵機。引退の噂も出ているようですが、まだまだ活躍して欲しいものですね。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

昨日は平日休みでしたので、複数の配給が運転される上越線渋川へ出かけ大正橋で撮影しました。まずは新津から大崎へEF64-1032号機に牽引された、山手線用のE235系(トウ42編成)。
DSC_0239

DSC_0249

DSC_0256
その後すぐに新習志野から新津へEF81-141号機に牽引された、海外へ譲渡される武蔵野線用205系(M63編成)が下り線を通過。
DSC_0298

DSC_0303

DSC_0310
今回はメルヘン顔の編成
DSC_0312
無理やり撮ったカットを拡大してみると、今回の「ジャカルタ」行先表示は海の絵入りでした。
DSC_0315
さらに秋田から新習志野へEF81-134号機に牽引された、武蔵野線に転用改造を受けたE231系(元ミツB2編成)。
DSC_0350

DSC_0361

DSC_0368
一度、大正橋で配給を撮影してみたいと思っていたのですが、今回新車・廃車(譲渡)・改造3本もの配給を、回復した天気のもとで撮影ができて本当にラッキーでした。

鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログへ

↑このページのトップヘ