リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2019年01月

昨日は所用があったので休みを取得。でも午前中は時間があったので、豊川(日本車両製造)→新鶴見→逗子(総合車両製作所)へと甲種輸送された京成3000形を新鶴見付近で撮影して来ました。横浜羽沢からはDE10-1662(貨物色)による牽引でした。






続いて釜の付け替えを終えると逗子へと出発して行きました。










今週、息子の受験も終わったこともあり、今日は八高訓練を撮影しに今年初めて県外へ出かけてきました。激パ必至と思いキャパがあり2年前の八高訓練(DD51+旧客+DD51)にも訪れた群馬藤岡-丹荘間のお立ち台へ。既に50名以上の同業者が集まっておりました。まずは山をバックにやって来たDD51-888牽引の試9220レ。






DD51-895牽引の復路9221レは、途中の停車時間を活かしての追いかけもできたのですが、激パ前に場所を確保してじっくり待つことに。案の定、追いかけ組が直前に一気にやって来てやはり50名以上に。バッチリ順光で撮れるはずでしたが、恒例?の通過直前の曇り空に…。






そして通過しきらないうちに一気に太陽が顔を出し…。最近このパターンが多すぎです(涙)でも非電化区間を走るDD51+12系はカッコ良すぎでした!

息子が受験直前ということで、成田臨しか撮影していない私ですが、今日は我孫子口より185系、E257系、651系が入線するということで、下総松崎-成田間へ出かけました。到着時には既に踏切脇の定番には多数の同業者が占めていたのですが、ヘッドマークがない車両ばかりなので背後の陸橋から撮影することに。
まずは宇都宮からの185系による「早春成田初詣号」






続いて前橋からのE257系500台による「成田山初詣ぐんま号」






さらに富岡からの651系による「成田山初詣常磐号」






今日は3形式による成田臨でしたので、同業者は踏切脇と陸橋を合わせると100名近くはいたでしょうか。今はこの程度の車両でも集まるのですよね(笑)。

毎年恒例の成田臨で賑わう時期になりましたが、今年の主役は185系でなくE257系。しかし今日は成田山初詣横須賀号として185系で運転されました。私は所用で津田沼にいたので近くの東船橋でチョイ撮りへ。先行列車に接近していたので徐行運転でやって来ると総武緩行線のE231系も接近。総武線らしくなりました(汗)。



185系の去就が注目されている中での快速運転だったので、鉄の乗車率が高いように思えました(笑)。

今日は今年の初撮りとして、近くを走る京成本線で成田臨としてAE形で運転されているシティライナーを実籾駅で撮影して来ました。「成田山開運号」としてのエンブレムを掲げて走っているのです。






その前には八千代台-実籾間でモーニングライナーに充当されていたAE形も撮影。ラッキーにも「ありがとう3000万人達成」のエンブレムを掲げたAE車を撮影できました。






順番はすべて逆になりましたが、最初に撮影したモーニングライナーはエンブレムなしのAE車でした。



特に「ありがとう3000万人達成」エンブレム付きのAE車はどの運用に入っているのかわからなかったので、2019年いいスタートをきることができました。こんな事で運を使い果たしても困るのですがね(笑)。

↑このページのトップヘ