リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2018年11月

今日の通勤帰り、総武線各駅停車で人身事故が発生したとメールが入ったので、東京駅京葉線ホームから武蔵野線に乗車して西船橋へ出ようとしました。発車案内表示に10両とあったので?と思いながら西船橋行のホームに降りると停車していたのは京葉線用のE233系でした。京葉線車両の西船橋行に初めて乗車できました。なおこれはダイヤ乱れによる運用変更ではないようです。今年のダイヤ改正からですかね。



ちなみに西船橋到着後は折り返し東京行となりました。


まあ正式には西船橋までは京葉線ですが、西船橋でこの車両を見られる機会は少ないです。武蔵野線の本数が少ない上に8両編成で混雑がひどいので、こうして折り返し電車があることは大歓迎です。もっと本数を増やして欲しいものです。

この日は東京メトロ日比谷線用の13000系が国鉄色のEF65-2074号機牽引で甲種輸送されるということで、大船の鎌倉踏切で撮影をして来ました。












そして息子KTは戸塚駅で撮影でした。ちょっと逆光で辛かったようです。



これまでも13000系の甲種輸送は何度か撮影しましたが、やはり国鉄色PF牽引はいいですね。

11/23(金)は六郷橋、戸塚カーブで撮影後、東戸塚付近の東海道貨物線でニーナ等の遅延貨物を撮影したのですが、さらに後続にはEF64牽引の3074レが約6時間遅れで旅客線を上っているとの情報が入り、かつて約30年程前にブルトレを撮影した以来の旅客線カーブへ急いで移動。フェンスが低い場所は限られていたのですが、何とか撮影できました。この日の3074レはEF64-1037号機の牽引でした。



その直前にはEF210-112号機牽引の1060レ(約1時間40分遅れ)も旅客線を通過。



3075レの後にはEF210-12号機牽引の70レ(約7時間20分遅れ)



さらにEF210-116号機牽引の5054レ(約8時間遅れ)



そして旅客線ということで、185系踊り子号も撮影。






もちろん251系スーパービュー踊り子号も。






貨物が旅客線を走ることがあるのですね。思わぬ延長戦を懐かしい場所で楽しむことができました。でもこの界隈もすっかり変わってしまいましたね。

23日(土)はJR東海管内での人身事故の影響でサンライズが1時間遅れで撮影ができたのですが、貨物列車はさらに影響が大きかったようです。ニーナことEF66-27号機が牽引する2062レが7時間50分遅れで上っていることがわかり、戸塚カーブでの撮影後に東戸塚に立ち寄って、久しぶりにニーナを撮影することができました(約7時間遅れ)。









ニーナを待つ間にも続々と遅れている貨物がやって来ました。
EF66-102号機牽引の???レ



EF66-103号機牽引の2060レ?(約7時間15分遅れ)



EF66-128号機牽引の5097レ(約2時間遅れ)と離合するEF210-102号機牽引の5052レ(ほぼ定刻通り)



トンネル飛び出しシーンをEF210-165牽引の5075レ(定刻通り)



遅れが発生すると色々な列車が撮れるのはおもしろいのですが、いつやって来るかわからないのが困りものですね。

サンライズを撮影しようと出かけた六郷橋ですが、肝心のサンライズがJR東海管内での人身事故の影響で約1時間遅れ。東海道線にはE231系とE233系しか来ないので、隣を走る京浜急行線と鉄橋に沿って茂っていたキラキラ輝くススキを入れて撮影をして待っておりました。






京急は詳しくないのですが、1枚扉の800系がまだ現役で走っていたのですね。






僅か1時間程だったので、黄色やブルーの車両が見られなかったは残念でした。

↑このページのトップヘ