リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2017年04月

本日16日は家族運用で出かけたのですが、途中時間をもらって本日ラストランとなる東武300型で運転された「きりふり275号」を新古河-柳生間にて撮影しました。

後追い側は水田の水鏡とともに、お見送り。

正味10分程の撮影時間でしたが、その他にもこんな列車達も。





今日の趣味活動は中身の濃かったこの10分だけ。あとは家族運用でした。

先週、単機で千葉機関区へ入庫したヘッドマーク付のEF65-2139号機を紹介しましたが、今週は昨日、本日と東京貨物ターミナル-隅田川間のシャトル運用に同機が入りましたので、再び撮影を行いました。
昨日4/8(土)はワシクリでの撮影を終え、帰り道に武蔵野線に立ち寄って撮影した75レで、見沼田んぼで撮影するつもりで移動していたのですが時間が足りず、東川口-南越谷間の出羽公園に立ち寄り撮影を行いました。満開の桜とコラボしたかったのですが、いい位置に桜がなく、小さな花々とともに撮影を行いました。

この後、越谷ターミナルでの停車時間を利用して、吉川へ移動して撮影しようとしましたが、大渋滞に巻き込まれ間に合いませんでした。
しかし今日4/9(日)は73レに充当されることがわかり、リベンジすべく東浦和での駅撮りへ。



今日は息子も一緒で、息子は東川口で撮影。

今日は電車での移動だったので、吉川美南へラクラク先回り。息子はホームより。
先ほど次位にあった空コキは越谷ターミナルで切り離ししたのですね。

私は近くの陸橋から満開のソメイヨシノとともに。



2日間天気はイマイチでしたが、ヘッドマーク付の国鉄色PFを堪能することができました。

今日は浦和→日光間で旧型客車5両をEF64-1001号機とDD51-888号機によるPPにて快速「春のとちぎレトロ日光号」が運転されたので、ワシクリに撮影に出かけて来ました。生憎の天気であったことと、583系ラストランという事もあり?、私がいた場所は線路際に3名いたものの他に誰もいないという淋しい状況でした。



日光線内やさらに北への回送に追いかけようかとも思いましたが、ヘッドマークもないし天気もイマイチでしたので、これにて撤収致しました。

国鉄からJRが発足してから30周年を迎えたのですが、JR貨物では新鶴見所属のEF65-2139号機と2067号機に記念ヘッドマークを付けて運転されているそうです。
その国鉄色でもあるEF65-2139号機が今日蘇我にやって来たので、早朝出かけて来ました。その8178レは日曜日と言う事もあり、単機での到着でした。

東京側にはお目当てのヘッドマークが付いておりました。

同行した息子も1枚。

その後、入庫した千葉機関区へ移動し、敷地外から撮影。





名古屋地区ではDD51にもマークがついているそうで、撮影してみたいですが、残念ながら無理ですね。ところで他のJR各社でも企画はないのですかね。



↑このページのトップヘ