リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2016年09月

土曜日、羽田空港での「空の日フェスティバル」でANA格納庫見学ツアーに参加した後、飛行機の撮影をしようかとも思いましたが、息子が貨物列車を撮りたいとの事で、京急に乗車して八丁畷へ。
悪天候もあり、到着してから約1時間程の滞在でしたが、3本のEF66をはじめ6本の貨物列車がが通過して行きました。
到着後、すぐに東海道貨物線からやって来たEF66-110牽引の5052レ

新鶴見方面からやって来たEF66-118牽引の3064レ

東京ターミナルからやって来たEF66-109牽引の5095レ



急遽決めて来たので全く下調べなしでこれだけ楽しめたので、今度また改めてこの周辺での撮影に出かけてみたいと思います。

25日の試運転は上野→勝田→金町→勝田→上野の経路で運転されたのですが、朝の上野出発はご紹介した通り鶯谷で撮影。485系ニューなのはな撮影後は一度帰宅して、交直流切り替え区間である取手-藤代間で撮影をして来ました。所用があり片道分だけの撮影でしたが、仮の7両編成ながら堂々たる存在感で通過していきました。






先週、日曜日に四季島の試運転が上野-勝田間で運転されるとの事を息子に話をしたところ、上野駅13番線で撮りたい!との事で一緒に出かけました。
ところが、残念ながら13番線は封鎖状態。しかも隣のホームには目隠しのE231系が。仕方なくお隣の鶯谷へ移動して撮影をしました。同業者は5〜6名程でしたが、警備するJR社員が多数いたことに驚きでした。
未だ5〜7号車は未完成であり7両編成での運転です。
独特なスタイルとLEDライトがキラリ!なかなか絵になりそうですね。



続いて勝田への試運転。京浜東北線E233系が目隠し?で残念ながら最後尾までは。


徐行運転だったので1両づつ撮影してみました。





小さい窓からどのような景色が見えるのでしょうか。










この後、既に紹介した485系「ニューなのはな」のお見送りに錦糸町へ移動しました。

今日は新顔の話題もありましたが、今回は去りゆく車両を紹介します。
千葉支社のジョイフルトレインとして、団臨や多客臨など多岐に渡る使い方をされてきた2代目485系ニューなのはなですが、本日の長野へのさよなら運転を最後に引退することになりました。そこで錦糸町駅で最後のお見送りをして来ました。






駅長犬と女性スタッフが横断幕を持ってお見送り

そして、二度と戻らない最後の旅へ出発して行きました。



これまでこれを目的に撮影に出かけたことはありませんでしたが、地元で活躍した車両がまた1つ姿を消すのは淋しいです。しかも形式は485系ですから…。

今日は羽田空港で「空の日フェスティバル」が開催され、様々な催しが行われておりました。私は事前申し込みで当選した格納庫バスツアーに参加し、念願だったANAの格納庫を見学することができました。


ハンガーにはB787-9(JA871A)が整備中でした。
ロールスロイス製のエンジンがデカイ!










こちらはB787-8(JA825A)。エンジンは解体されておりました。






ボーイング社からフェリーされて来たばかりのB787-9(JA882A)はピッカピカで、初フライトへ向けて整備中でした。






格納庫からも前を通過する様々な機体を見ることができました。
STAR WARS JET(R2D2)がハンガー前を通過!

機体の向こうには今月で日本から姿を消すキャセイパシフィック航空のB747-400が!もう少し早くハンガー口に出れれば…。

ハンバー前を中国南方航B737-700が通過。




40分という短い時間でしたが、とにかく楽しめたひと時でした。
また機会があれば是非とも参加したいと思います。

↑このページのトップヘ