リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2014年05月

久々の更新です。なかなか忙しく趣味活動がおろそかになっておりました。
と言っても本日も東京に所用があり、その後時間がちょうど良かったのでヒガジュウに立ち寄って黒磯訓練の戻りを撮影して来ました。
建物の影がかなり伸びており斑模様になってしまうので、赤羽寄りで撮影したのですが、車両に夕陽がギラギラになってしまいました。

 
 

中央本線での多数の臨時列車の撮影を楽しんだ後は、子供のリクエストに応じて「快速山梨富士号」で帰るため一旦大月へ行き、そこでは富士急行をチラ見。
ちょうど2000系(元165系)のフジサン特急が入線してきたのです。てっきり3月のイベントで引退したのかと思っていましたが、2001編成はまだ運転されていたのですね。
と言っても小田急から譲渡されたRSEが運用に入る夏までのようです。

展望席側を踏切から

元205系の6000形と並ぶ2000形

6000形も正面から

フジサン特急が出た後は5000形トーマスランド号が入線して来ました。

 

かつてのL特急時代より変わらず30分おきに走り抜ける「あずさ」「かいじ」。
臨時列車が走る場合には定期列車のすぐ後を続行することも。長時間撮影していても115系やE233系の普通列車を含めて次々とやって来る列車に、飽きることもない楽しい中央本線を楽しむことができました。
 
1993年にデビューした制御式自然振り子装置を搭載した「スーパーあずさ」用E351系ですが、既にE353系への置き換えが発表されていますので、これの撮影も今のうちですね。

 

 

 
2001年にデビューしたE257系ですが、これもE353系に置き換えされるようですから、新天地へ転属することになるんでしょうね。これの撮影も今のうちですよ。

 

 

 

都心を走るお馴染みのE233系も山岳路線では新鮮に写ります。

 


5月3日と言えばゴールデンウィーク後半に入っていたので、当然貨物はウヤかと思いきや、しっかり貨物を牽引してやって来てくれました。
さすがブルサン、迫力満点の力強さを感じられました。
まず四方津での2083レはEH200-13牽引。

上野原でEH200-8牽引の83レ

EH200-15牽引の80レ

EH200-14牽引の2080レ


長野色の115系も一部が211系に置き換えられ徐々にその活躍場が縮小されつつあります。先ほどスカ色編成の紹介をしましたが、長野色115系もしっかり記録する必要がありそうです。

 

 

 

 

 


↑このページのトップヘ