リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2014年04月

昨日の撮影後は家族運用で武蔵小金井にある江戸東京たてもの園に行きました。
先般ブログ友のヒロさんが行かれたのを拝見して初めて知り、ぜひ訪ねてみたいと思っていたのです。広い小金井公園内の敷地には、江戸時代に建築された農家をはじめたくさんの歴史的建造物が集められているのです。

農家の囲炉裏を使ってお茶をサービスいただきました。

二二六事件で暗殺された政治家、高橋是清の自宅

古い街並みとリヤカー付自転車

たばこ屋を兼ねた乾物屋

懐かしい銭湯

中には世界遺産の富士山!

敷地内には都電7500形とが、また敷地外公園内にはC57-186号機とスハフ32が展示されており、子供達の格好の遊び場となっておりました。

盛土型のホームがあり線路も長くスハフ44も連結されておりとてもリアルです。

園内の広場では竹馬やベーゴマなど懐かしい遊びも体験できます。
本当に子供から年配の方まで楽しめる素晴らしい施設です(但し広くて疲れます)。ぜひ一度訪ねてみてはいかがでしょうか。
 

今日は臨時「あけぼの」、ニコニコ超会議号返却回送、北斗星、カシオペアそれに黒磯訓練とブルトレ三昧となるラッキーデーとなるため、思い切って早起きして出かけて来ました。しかし今日は南浦和-蕨間で撮影したのですが京浜東北線に被られまくり(涙)何とか撮影できたものを紹介します。
まずは到着時間が繰り上がってしまった「あけぼの」はEF64-1031牽引。これは何とか無事にしっかり撮れました。

この間、昨日のニコニコ超会議号の24系返却回送がEF81-138牽引で行われたのですが、モロ被りで痛恨のお見送り〜!
そして気を取り直して待ち構えたEF510-512牽引のカシオペアもご覧の通り。

さらに続いてやって来たEF510-513牽引の北斗星。

この北斗星も…ご覧の通り(涙)。

最後に昨日に続いて虹釜EF81-95牽引により黒磯訓練。
これも危なかったのですが、何とか撮れました。
ニコニコ返却回送も同じ場所で準備していたのに…撮りたかったなぁ。

実はこの有名な場所での撮影は今さらながら初めてだったのですが、こんなに被られるとは、撮影地の選択が悪かったのか、私のツキがなかったのか…。
まぁこんな日もありますよね。またいつかリベンジしたいと思います。
 

今日はブルトレの当たり日!でした。臨時あけぼの、北斗星、それに「ニコニコ超会議号」、それに黒磯訓練まで…24系ブルトレが次々と運転されました。
しかし早起きはできず、「ニコニコ超会議号」と黒磯訓練を先週に続いてヒガジュウで撮影して来ました。
昨年はEF81で運転された「ニコニコ超会議号」ですが、今年はEF64-1030(長岡)による牽引でした。同じ64なら高崎の茶釜にでも牽引して欲しかったなぁ。

 

撤収しようとしましたが、サイトに虹釜が黒磯訓練に充当されるとの情報を見つけ、急遽少し場所を移動して待つことに。東北本線での人身事故の影響で約1時間半程遅れとなりましたが、虹釜ことEF81-95(田端)牽引のブルトレを撮影することができました。

 


先週土曜日に183系「思い出のとき」号をヒガジュウで撮影後、子供のリクエストで東京駅に立ち寄ってみました。すると「あさま」に充当されていたE7系が20番線に停車しておりました。初めて見るE7系でしたが、こんな顔したポケモンの仲間がいませんでしたっけ?

 

そして在来線ホームには、踊り子号となる回送が入線して来ました。
 
熱海側の基本編成はストライプ色であるA8編成でした。

 

新特急色のOM09編成の踊り子号が続いて到着しました。

大宮車両センターでは別の編成のストライプ化が行われているとの記事もありました。今後185系の踊り子号をしっかり撮影しておきたいと思います。
 

19日にヒガジュウにて183系「思い出のとき号」を撮影したのですが、その際、185系から651系1000番台に置き換えられた上野口の「あかぎ」と「草津」の離合シーンを初めて見ることができました。何だかとても新鮮でした。

 
 

↑このページのトップヘ