リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2013年08月

昨日、北朝霞-西浦和間でのE6系甲種回送の後を追うようにやって来たのが、115系(豊田車M40)スカ色によるホリデー快速鎌倉号の東大宮への回送です。
サイド気味からの撮影の場合、銀色の電車だと映えないけど、やはり国鉄型車両だといいですよね。




今回で4回目となるE6系スーパーこまちの甲種回送が8/23〜25にかけて行われました。
1回目は武蔵野線でEH200を、2回目は新鶴見でEF65を、3回目は羽越本線でEF81を撮影しましたので、今回はどうしよう・・・と迷いましたが、結局1回目と同じ武蔵野線北朝霞-西浦和間で撮影しました。
1回目よりポジションを横からに変えて撮りましたが、思っていたより天気が良すぎて逆光気味になってしまいました。それでもブルサン(EH200-1)とE6系の美しいフォルムを堪能することができました。




今回は妻も同行しておりました。妻の作品も1枚紹介します。

 
 

伊勢神宮への家族旅行、そこで撮影したJR参宮線を前回紹介致しましたが、この区間では近鉄鳥羽線と併走していたのでそちらも撮影しました。(池の浦-鳥羽間にて)
 
23000系(伊勢志摩ライナー)

30000系(ビスタEX)

 
最終日には子供達のリクエストに応えて、鳥羽水族館へ。
でも魚達には目もくれず、ペリカン小屋の脇から・・・。
近鉄志摩線(鳥羽-中之郷間にて)
21000系(アーバンライナー)

22000系(ACE)

12200系(スナックカー)

50000系(しおかぜ)

近鉄の撮影は初めてしたが、たくさんの形式が頻繁にやって来てとても楽しかったです。
 
 

今週夏休みを利用して、伊勢へ旅行に行って来ました。
両親や子供達を連れての観光目的での旅行であり、当初から鉄の予定はなし。
でもせっかく行ったのだから・・・ホテル滞在中(夕方と早朝)にちょっと抜け出して、ネットで紹介されていた撮影地(松下-鳥羽間)へ。
まずは海辺を走る参宮線を撮影。そこは線路の両側海辺・・・という珍しい光景が撮れるはずでしたが、ご覧の通り片側はフェンスが張られており、ちょっと残念。でも美しい海岸線を走るディーゼルを撮影することができました。
 
普通列車は両運転台付きのキハ11


快速「みえ」運用のキハ75形




夕方は車両の反対側に日が当たりますので、線路脇から。



近鉄と併走する場所で国道から撮影


 

今週とれた夏休み、両親と子供達を連れて、伊勢神宮を訪れる旅(2泊3日)に出かけて来ました。
今年は20年に一度の式年遷宮。社殿を20年に一度建て替える行事が行われており、例年にない人出で大変賑わっておりました。
まずは衣食住の神様を祀る、外宮(豊受大神宮)へ。初めて伊勢神宮を訪れたので、社殿を建て替え?そんな場所があるの?と思っていたら、ちゃんと隣に新社殿の用地が用意されているんですね。新旧の鳥居や社殿を遠巻きながら見られるのはこの時期だけなのです。
この日は偶然、外宮で「お白石持行事」が行われておりました。
これは新社殿に敷き詰める白い石を奉納する行事。たくさんの方々が白い布にくるんだ石を1つづつ持ってやって来ました。

翌日はいよいよ日本人の氏神様を祀る内宮へ。
35度の灼熱の太陽とたくさんの人出の熱気で、両親もヨロヨロ状態で歩きました。
内宮前にはレトロな雰囲気たっぷりの「おはらい町」「おかげ横丁」があり、赤福の店をはじめたくさんのお店がならんでおり、とても楽しく歩けます。

ファミリーマートもこんな店舗に。


そしていよいよ内宮の社殿へ。

すぐ隣に建築中の新社殿

 
伊勢神宮以外にも、伊勢の様々なスポットにも立ち寄りました。
有名な夫婦岩。このロープは年3回架け替えられているそうです。ここから見る日の出は美しいでしょうね。

女性の願いならなんでも1つ叶えてくれる・・・と言われている石神様(神明神社)

子供達が喜ぶ、鳥羽水族館。6月に生まれたばかりのイロワケイルカの親子。

神々しいパワーあふれる伊勢をたくさん感じることができ、さらに眺めの良いホテルや、美味しい食事、疲れがとれる温泉・・・暑い夏の休日を堪能することができました。(往復の運転はちょっと疲れましたが・・・)
明日から仕事か〜(^_^;)
 

↑このページのトップヘ