リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2012年08月

今日、いすみ鉄道の社長ブログで発表がありました!
かねてから噂があったJR西日本所属のキハ28-2346号車を導入するというものです。
 
昨年春まで高山線(富山口)で活躍していた車両で、昭和39年に帝国車両製。山陰、北陸地区で活躍してきましたが、新製当初の昭和39年には房総の夏季輸送に活躍した経歴があり、48年ぶりにふるさとへ帰ることになります。色は急行色でやってきます。キハ52との2両編成で運転されるそうで、今から楽しみです。
 
詳しくはいすみ鉄道の社長ブログをご覧ください。
 
↓この組み合わせがまた見られます!
 磐越西線で運転されたキハ58・28とキハ52 2009.12.27 上野尻-野沢間にて

 

 

昨日は183系OM102編成によるリバイバル「さざなみ」をメインに撮影しまいたが、それ以外にも撮影を行いましたので紹介します。
 
まずは先週に続いて佐倉-酒々井間で71レ鹿島貨物を。この日はEF64‐1016原色機による牽引でした。

続いて、一旦自宅へ帰る途中、ちょうどよくやって来る京成AE100形によるシティライナーを志津-ユーカリが丘間にて。これもいつまで走るかわからないので、撮れる時にしっかり撮影しておきましょう。
 
71レ鹿島貨物とこのシティライナー、今後も『朝の撮影セット』として撮影していこうと思います。

そして幕張車両センターでリバイバル「さざなみ」の出庫を待っている時、直前に千葉方面より入庫して来た183系OM002編成。183系同士の並びは実現しませんでしたが、幕張には183系がよく似合います。


 


先週訪れた長野・渋温泉、帰り際に家族に頼み込み立ち寄らせてもらったのが、長野総合車両センター。
ここに「廃車置き場」と言われる場所があると聞いていたので、ぜひ見てみたかったのです。
 
そして、車で辺りを回ってみると、ありました!
架線のない線路郡に多数の車両達が。京浜東北の209系であったり、房総113系であったり、その時々によって置き換えが進む車両達が運び込まれているようですが、今は・・・というと、211系の姿が。さらにその脇には貴重な機関車が雨ざらし状態で留置されていたのには驚きでした。
 
何とも寂しげな光景です。再び元気な姿を見ることはできないのでしょうか。
その時々の一部ででも保存はできないのでしょうか。
 
↓2階建てサロ213‐8とEF63‐19(背後にはED60‐1の姿も)、それに房総色211系 

↓EF63‐19なんとかきちんと整備してあげたいなぁ

↓DE10ですか?その後ろにはEF62‐3が無残な姿で。

↓房総色クハ210‐3054  このまま廃車となるのでしょうか。
 

 
↓房総色と湘南色がつながった状態で留置されている211系。(湘南色はサハ211‐7)

↓訓練車である115系の姿も見ることができました。

↓ヨ8000の姿も

 
※すべて敷地外からの撮影です。
 

今日は木更津から東京まで、リバイバル特急『さざなみ』が183系(OM103編成)で運転されました。
恐らく総武線内のホームおよび内房線はかなりの混雑なのだろうと想定し、幕張から木更津への回送出庫および本番運転を幕張車両センター付近の陸橋にて、東京から幕張への回送を東船橋付近の陸橋で撮影を行いました。
 
まずは幕張車両センターからの出庫光景から。
ちょうど陸橋付近のベストポジションにて一旦停車。しばし、いろいろな角度からパチリ!
113系はもういないけど、房総で活躍する車両達とのコラボを撮影できました。
懐かしいヘッドマークはシール式でした。



 

 

 
そして木更津から東京への本番運転。あとあとの移動も考え、同じ幕張車両センターの陸橋から。


東京到着後、すぐに幕張へ回送されますので、東船橋付近の陸橋から。
でもモロ逆光!しかも・・・裏被り(涙) まあ総武快速線らしい光景ということで納得しておきましょう。


 

先週末、長野の渋温泉でのんびりとしたひと時と過ごしたのですが、朝のわずかな時間、長野電鉄で撮影をしたので紹介致します。
 
長野電鉄と言えば、旧日比谷線3000系や東急線8500系、それに小田急の特急HiseやJR東日本の253系N'exなどが第二の人生として活躍しております。先般生え抜きの2000系が引退したばかりですが、今活躍している車両達にはいつまでも活躍してくれることを祈るばかりです。
 
↓2100系「スノーモンキー」 旧JR東日本253系 かつて毎日見ていた車両だけに懐かしい!

↓車両脇には大きな猿の顔が。※トリミングしてみました。

↓1000系「ゆけむり」 旧小田急10000形(Hise)

↓旧日比谷線3000系は3500系として活躍

撮影はすべて信濃竹原-夜間瀬間にて。2012.08.19
 

↑このページのトップヘ