リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2012年07月

昨日行われた「ほくそう車両基地まつり」は、公募制により参加された方を3班に分けてゆっくり見学できるように配慮されておりました。ただあまりの暑さで、車内で涼む方も多く見られました。そうした中でも私はじっとしていられなく、普段見られないアングルでの撮影にも挑戦しておりました。
 
↓庫内では7308編成を使って係の方による車両の説明ツアーが行われれました。下から見上げた車両美

         ↓庫内で見た車両美 横から・・・

↓真ん中から・・・側面美

↓そして下から・・・床下美? ※もちろん係員の誘導で潜ったものです。

↓今では減ってしまった3枚窓の車両

↓対照的に大きなガラス面の7500形

↓もちろんデジタルによる行き先表示 いろいろな組み合わせが自由自在なんでしょうね。

         ↓9100形の先頭部の曲線美

↓スッキリとした7500形と丸みを帯びた9100形の側面美


今日は暑かったですね〜。昨日までの激務の疲れには堪える暑さでした。
でも北総鉄道の車両基地まつりの応募が当選していたので親子で出かけて来ました。
ちなみに当選確率は4倍であったそうです。
 
朝8:30印西牧之原駅に集合、9100形を使った専用列車で車両基地に向かいました。
この日は北総線在籍の全形式が揃っているという車内アナウンスに心を踊らされ、暑さを忘れて撮影や展示物の見学を楽しむことができました。
 
↓一番の楽しみだった京成3300形のリース車両7260形


↓千葉ニュータウン鉄道所有のC‐flyerこと9100形と9000形 C‐flyerは経歴18年とは思えずカッコイイ


↓7500形と9100形との並び

↓7500形は特急佐倉行の表示も 

↓空港第2ビルの行き先表示
↓7300形の並び 右は京成からのリース車両であるスカート付7808編成

↓北総線には都営や京急車両が乗り入れていますが、都営5300形も撮影できました。

 
運転席見学や床下機器の説明、パンタグラフの上げ下げ、行き先表示器操作、ミニ列車運転などの演出や、飲み物やお土産を全員にプレゼントされるなど充実した内容を楽しむことができました。
この猛烈の暑さの中、沢山の参加者の中から一人も気分が悪くなったり怪我などすることもなく楽しませてくれた、社員の方々には感謝したいと思います。
 

ここ所、あまりの忙しくお疲れ状態なのですが、無理して近くに出撃しストレス発散するようにしています。
そんな時に力強く客車や貨物を牽引してくる(単機もありましたが・・・)機関車の姿を見ると、また力が湧いて来て、明日からまた頑張ろうと思えるようになります。
 
今日は本八幡と南流山で撮影を行いました。
人身事故の影響で思うようには撮れなかったのですが、みなぎるパワーをいただきました。
 
今日のメインディッシュは…鹿島貨物71レ EF64-1047(広島色) 本八幡にて


南流山に移動するも、武蔵野線のダイヤ乱れ。どちらのホームで待機しようと思案していると2095レが銀釜EF510-510牽引でやって来た。あ〜反対ホームにいれば良かった…(涙)

1359レも続いてやって来る始末…。1359レ今さらながら初めて撮る2000番台(EF65-2085)

さらに単5385レ(EF65-2083)までも・・・(号泣)。

1355レ?EF510-501牽引 このあと時間切れのため撤退 EF81牽引貨物が見たかった(涙)

 
ツキはなかったけど…、明日からまた頑張りましょう!
 
 
 

今日は上野-横川間に特急「そよかぜ」が185系(あまぎ色)で、甲府-横川間には「EL&SL碓氷」が運転され、甲府-高崎間はEF651118虹釜によって牽引されました。
 
ところがこの2本の列車とも朝が早く、頑張って?7時に起きた時点で鉄欲が減退し、今日は諦め…に。
しかし昼ごろにはブログで今朝運転された列車が早速紹介されたのを見て、急に鉄欲が上昇!復路を近場で記録することにしました。
 
恐らく朝はどの撮影地も混雑したのでしょうか。夕方の北浦和-与野間は光の状態は良くないこともあり、意外とマッタリで撮影することができました。。
 
あまぎ色をまとった185系「そよかぜ」は、立派な羽根タイプのHMを付けてやって来ました。
ところで157系で運転された時に羽根タイプのHMを付けたことがあったのでしょうか。
 
↓上り「そよかぜ」 架線や架線柱が気になるが、あくまで記録として…納得して撮影。



↓東大宮への回送 「そよかぜ」HMはそのまま
つけたまま運転されました。

 
「EL碓氷」号は18時頃の通過。あたりはすっかり陽も陰り、どんより暗くなりはじめておりました。
ここから武蔵野線経由で中央本線甲府へ向かうのでした。今朝5時台に甲府を出発したこの列車。意外と?乗車率高かったのではないでしょうか。




 

アンパンマントロッコの回送を撮影するために訪れたモノサクこと総武本線物井-佐倉間。
田園風景が広がる景色は今も変わらないことにホッとさせてくれます。
 
この地から113系や253系、定期運用の183系の姿が見られなくなってからしばらくが経ちましたが、既に211系の置き換えも決まったり、EF65で運転されていた鹿嶋貨物はEF64に置き換えられるなど、車両達は変化を遂げています。そんな素晴らしい光景をこれからも記録しておきたいと思います。
 
田んぼの一角に咲く、小さなひまわり

 
紫陽花が供えられたお地蔵さま

 
見慣れた車両達でも、撮影する位置や角度によっていろいろな見え方ができるんです。


 

↑このページのトップヘ