リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2011年11月

先日、東北新幹線から200系の運用が終了したそうです。東北新幹線の高速化に伴い、E2系・E4系が上越新幹線に捻出され、200系およびE1系を置き換えられると伝えられており、その活躍も時間の問題なのでしょう。
今日は絶好の撮影日和。小2の息子に今日はどこか撮りに行かないの?の一言に誘われて、新幹線を見に行くことにしました。新幹線の駅撮りはいつ以来だろう。しかも大宮はいろいろな形式の車両が見られるのに、今さらながら・・・初めて。下調べもせずに行ったこともあり、今回はE1系と原色塗装の200系にはめぐり合うことはできませんでしたが、下記の通り何とか200系を撮影して来ました。
それにしてもこの大宮駅、すっきり見渡せるのに撮影が難しかった。架線の影がやたら気になる、標識が多い、編成がやたら長い・・・など普段撮り慣れてないこともあり、満足いく撮影はなかなかできなかったのでまたリベンジに出かけたいと思っております。
↓最期の活躍をする200系


↓初めての対面E5系(編成が長く、尻切れ・・・涙)

↓E4系はやはりデカい!連結部分なんか異様

↓進入するE2系 架線が凄い!

 
 さて大宮での撮影後、東海道新幹線の300系を撮影しようと有楽町の交通会館へ。時刻表に形式の表記がなかった列車を狙ったものの、残念ながら700系でした。こちらも改めてリベンジしたいと思います。


 

2011年ブルーリボン賞に新AE形スカイライナーが受賞し、先日11/6(日)には授賞式が行われました。その受賞を記念し、新AE形車両の先頭部分および側面には記念のエンブレムが取り付けられ営業運転されております。
今日はそのエンブレム付の新AE形を北総線西白井-白井間で撮影してきました。
↓素敵なデザインのエンブレムが何か自慢げな表情に見え、なかなかお似合いです。

↓側面のスカイライナーのエンブレムと記念エンブレム なかなかいい組み合わせ

↓北総線内を快走する新AE「スカイラインナー」


北総線と言えば、成田スカイアクセスのアクセス特急や、北総線内の普通列車には北総車両をはじめ京成、都営、京浜急行の様々な車両達を見ることができ、とても楽しめる路線です。
↓アクセス特急 京成新3000形

↓北総鉄道 7260形(元京成3300形)

↓北総鉄道7500形

↓北総鉄道 7300形

↓都営浅草線用 5300形

↓京浜急行 新1000形

↓京浜急行 600形

 

これまで約10年間、ほぼ毎日利用している東葉高速鉄道ですが、ずーと気になっている奇妙な光景があるのです。
それは船橋日大前駅ホームにあるベンチ。背後の壁面には写真のような人影が…
。もしかして亡霊がとりついている?
この謎の人影、看板がついていない数か所あるベンチすべてにこの人影があるのです。誰かこの亡霊のような謎の人影、理由ご存知でしたら教えてください


今日は毎日お世話になっている地元の足、東葉高速鉄道にて「第3回 東葉車両基地まつり」が開催されました。
今年は開業15周年ということもあり、ラッピングされた2000系と東京メトロ07系が並んで展示されておりました。
撮影できるスペースはかなり狭くなってしまっていましたが、リクエストに応じて行先等の表示を変更するなどのサービスを行っておりました。その他車掌体験、洗車体験乗車、保線用モーターカーの試乗などのメニューが用意されておりました。
また各地の鉄道会社による販売コーナーもあり、銚子電鉄や東京臨海鉄道、北総鉄道、新京成電鉄など各社のグッズ等の販売が行われておりました。いすみ鉄道では公募社長として奮闘する鳥塚社長自らが、人気の「い鉄揚げ」などを販売しておりました。また八千代緑が丘近くにある東京動物専門学校による動物たちとのふれあいコーナーなどもあり、家族で楽しめるイベントとなっておりました。
今後もぜひ継続いただき、さらにパワーアップした内容で実施いただけることを地元のファンとして願っております。
 
↓メインの車両展示は2000系と東京メトロ07系



↓車庫内の2000系は車掌体験


工事用車両への試乗
 
↓ここは牧場?広大な敷地を生かして乗馬体験などの動物とのふれあいも


↓入口付近に留置中の2000系


 

今回は久々に鉄ぬきでのドライブ!行先は紅葉まっさかりの日光です。小6の時に修学旅行で行って以来35年ぶりです。(華厳の滝や鬼怒川温泉は10年程前に行ったけど・・・)なんと言っても東照宮に行ってみたかったのです。
世界遺産にも認定されている東照宮は、何年経っても衰えることがなく素晴らしく美しいものでした。
東照宮と隣接する輪王寺(黄金の大仏がある三仏堂で有名)とともに、紅葉したもみじとともに色鮮やかな建物や庭園を堪能することができました。
その他、日光市街少し手前にある「杉並木公園」、それに霧降高原方面にある「霧降の滝」などに立ち寄りました。
↓これぞご存知、東照宮

↓見ざる、言わざる、聞かざるの三猿

↓東照宮と輪王寺の紅葉

 

 

 

↓杉並木と杉並木公園にある古民家と水車

 

↓公園脇には東武日光線があり、踏切が鳴ると鉄スイッチオン!おっとJR253系だ~!

↓色鮮やかな霧降の滝

昼食は日光名物ゆば料理!と思っていましたが、手軽な料金で味わうことができる元祖ゆばそば「魚要」で手打ちのゆばそば1150円(写真を撮るのを忘れたのでガイドブックから)を堪能。

恒例!最後のお楽しみは日光和の代温泉「やしおの湯」へ。市営ということもあり大人500円という安さ。ちょっと熱めのお湯はお肌すべすべとなる温泉、星2つ★★です!

 


↑このページのトップヘ