リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2011年07月

昨日は○歳になる息子の誕生日ということで、ディズニーランドへ暑いのと混雑を覚悟して行って来ました。お誕生日だと、胸にワッペンをつけてもらえ、あちこちのキャストに会うたびに、○○ちゃんお誕生日おめでとう!と言ってくれるのが嬉しいそうです。昨日は天気予報が雨との予報だったせいもあり、ひどい混雑ということではなかったのですが、何しろ蒸し暑く、ペットボトルを手放せない状況でした。
鉄道好きのパパさんがつい目が行っていまいコンデジを構えてしまったのは周辺を走る舞浜リゾートライン、そして本物の蒸気機関車が走るウィエスタンリバー鉄道。一度はきちんと撮影してみたいな~と思いつつパチリ!


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何とかほとんど雨にも降られず、アトラクションやショーを楽しむことができたのですが・・・こちらの鉄道(コースターも鉄道ですよね)では、こんなトラブルを2連ちゃんで体験してしまいました。
夜、子供の希望でビックサンダーマウンテンに乗ろうと並んでいると、突然の雨、そして雷までも。いやな予感は的中し、次の乗車という番になり、運転休止!約30分待ち状態となってしまいました(涙)

続いて、帰る前に空いているので最後に乗ったのが、スペースマウンテン。何と久々の先頭に乗車し、子供もちょっとビビリながらもいざ出発!と思っていたら、前を走る車両は出発後ポイントを右に行ったのですが、我々の車両はなんと左側へ。んっ?大きな幕を抜けるとあれ、車庫じゃん!何かトラブルがあったそうで、係の人が慌ててやってきて、「すみません、乗り換えていただきますので、こちらで降りてください」との事。めったに体験できない車両基地見学?となり、裏階段を使って乗車場に戻り、再び先頭に乗車。今度はポイントを無事右側へ向かって・・・絶叫!!!
疲れ果てて帰りました。


 

先週の3連休は出かけてばかりだったので、今週は家でゆっくりするつもりでしたが、2人の小学生の息子達が、夏休みに入ってから家の中でダラダラ過ごしていたので、サイクリングでも出かけよう!と声をかけると「電車に乗りたい」という嬉しい言葉が返ってきたので、出かけることにしました。特に目的があったわけではなかったのですが、向かったのは尾久、品川、そして新川崎。共通しているのはホームから留置されている車両が見える所という点です。
東京メトロ新05系、総武緩行線E231系、山手線E231系、東北線E231系、高崎線211系、京浜東北線E233系、東海道線211系、横須賀・総武快速線E217系、東京メトロ1500系と9種類の電車に乗って子供達は満足げでした。次はどこへ行こうか!
↓尾久では旧京浜東北線の209系や旧サロンエクスプレス東京、休車?のEF81などを見ることができました。


まだ子供達にブルートレインに乗せてあげてないので、今度はぜひ乗ろうね!と約束

↓品川 東海道線下りホームから見えるサンライズ瀬戸・出雲の285系。まだパパも乗ったことがない!
↓新川崎 草木の合間からEF66、EF210の姿が見え、EH200の貨物が発車して行った


別途書いた「7/18 涼をもとめて富士山周辺とほったらかし温泉」の番外編です。
 
富士山5合目へのドライブを断念したものの、どこへ行っていいのか考えてなかったので、観光パンフレットをもらいに行くという名目で富士急行の河口湖駅へ。
この日はホリデー快速として2本の183系が来ている・・・とあらかじめ情報をインプットしておいたのです。これまた念の為と積んでいたカメラを取り出し、いざ撮影タイム!
旧あずさ色と国鉄色の2本の183系は駅そばの電留線で休んでおり、敷地外から撮影できました。
 
帰ってから気づいたのですが、下吉田駅にはブルトレ車両がいたんですよね。すっかり忘れてました。
今後行く時にはぜひ寄ってみたいと思います。
 


 

暑~いこの夏。まだまだ始まったばかりだし、給料日前でお金もない状態だったのですが、妻のパートも休みなので家族で涼と求めてのケチケチドライブに出かけました。目指す行先は涼しいはずの富士山5合目と、超お気に入りのほったらかし温泉。
ところが富士スバルラインがマイカー規制に入っており、バス代で大人1800円必要とのことで、いきなりの断念。やむを得ず、地底温度0度の鳴沢氷穴へ。駅前案内所でもらった割引券を持参し、家族4名で700円(大人250円、子供100円)というお値段もGood!狭い洞窟を入っていくと、地底には氷がとけずに山盛り状態。涼を求めるどころか、あまりの寒さにブルブル状態でした。



続いて甲府方面へ山越えをし、空腹感と清涼感を味わう為に行ったのが、見晴園さんで今が旬の桃狩り!これまた先ほどの駅前案内所でもらったチラシ持参で大人1100円、子供900円で40分食べ放題(さらにイチゴシャーベット付)。
やわらかめの桃を選ぶと甘いよ、という係の方のアドバイスをもとに食べること7個(長男は10個食べたと自慢してた)。しっかり元はとれたかな?あまりにお腹いっぱいになり、朝はカブトムシがいるよっという係の方の話を聞いてもしかして・・・と思って、桃の木を眺めているとなんとクワガタを4匹ゲット!子供達は大喜びでした。



お腹も満たされ、次に向かったのが超~お気に入り『ほったらかし温泉』へ。
この温泉、甲府盆地を見下ろす山の上にあり、温めのお湯と涼しい風により、暑い日でもゆっくり浸かれるのです。
しかも料金は大人700円、子供400円の良心価格。
お風呂は広い「あっちの湯」とちょっと狭い「こっちの湯」の2ヶ所に別れており、どちらも露天風呂がメイン。天気がいい日には「こっちの湯」からは富士山が一望できます。また夜22時まで営業しているので、夜景を見ながらの露天風呂はまた格別です。どちらに入るか迷った場合、入り口に大きなサイコロがおいてあり決めることもできますよ。そして今回は「こっちの湯」へ。ちょっと狭いと言っても、広さ充分の露天風呂で長湯もできる温めのお湯と広がる景色を満喫して来ました。この絶景風呂の『ほったらかし温泉』私のなかではNo1のお風呂です。(もちろん★★★★★です!)



↑どちらに入るか迷ったらサイコロで決めることも
↓「あっちの湯」入口 奥には広い露天風呂があります

↓今回入った「こっちの湯」この左側と下方に露天風呂があります。天気がいいと前方の富士山が見えます

↓風呂あがりには甲府名物「鳥もつ煮」とここの名物「揚げ玉子」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

7/16に水郡線で運転された「ハッスル黄門」号で使用された旧型客車2両の返却回送が行われました。
恐らくEF81牽引によるものであろうと思い、常磐線取手-藤代間に出かけました。今日は水戸工臨?もあるらしく、現地は炎天下ながら50名程の同業者様で賑わっておりました。
そんな中、2両編成の客車を引いたEF81-133号機の姿が見えたその時、まさかの・・・裏かぶり状態!(涙)
所用もあったので、そそくさと退散したのでした。
↓意外と速かったEF81-133+旧客2連




 

↑このページのトップヘ