リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2010年07月

今日はE233系の運用開始、331系の復帰、それに201系、205系、209系、さらに武蔵野205系や房総特急や臨時列車などとバラエティに富んだ車両を見ることができる京葉線にでかけました。
今日は新潟の485系や幕張の183系も団体列車としての運転がありました。
ところでE233系は既に7編成?が運用に入っており、あっという間にこれらバラエティに富んだ編成は見ることができなくなるんでしょうね。今のうちに各地で撮影しておきたいものです。
今日は新浦安と葛西臨海公園で撮影しました。
 
 






「日暮里-成田空港36分」成田スカイアクセスがいよいよ開業!なんとなく淋しい街であった千葉ニュータウンに新しい響きが!早速子供と出かけてきました。まず沿線で新スカイライライナーの撮影をした後、開通区間である印旛日本医大-成田空港間を3050形アクセス特急(といっても同区間は各駅停車ですが)に乗ってみました。
成田湯川をでると単線となり、JR線と並行して成田空港へ。あっという間の高速路線でした。
成田空港で久々の飛行機撮影をすませて、復路もアクセス特急に乗車して印旛日本医大へ。ダイヤは成田空港への下り優先なのでしょうか。空港第二ビルを出て、いきなり新根古屋信号所で5分停車。下りスカイライナーとアクセス特急との交換。続いて成田湯川でも3分停車(通過待ちではなかったが)。印旛日本医大でも1分停車。どうも名ばかりの羽田空港行のアクセス特急。これでは羽田空港への接続ならリムジンバスを利用してしまうなーと感想でした。何とか1時間程度で羽田空港と結ばれればいいのに。
「今度はスカイライナーに乗りたい」と子供にせがまれたパパでした。
 

 開業初日のスカイライナー 西白井-白井間
 

印西牧の原を通過するスカイライナー
 

印旛日本医大に進入する3050形アクセス特急
 
 

そして本日のおまけ。午後、床屋に行く途中、津田沼の踏切そばに停車中の赤電3300形
 

↑このページのトップヘ