リョウタンPP

鉄道や飛行機の撮影・旅行やグルメなどが好きなおじさんです。

2010年02月

2c082db8.jpg


f6b0aac4.jpg

 昨夜、両国駅を出発した583系『犬吠』こと「寝台列車で行く鉄道浪漫銚子への旅」は、銚子発13:59発(定刻通りに発車したかは?)で両国へ向かいました。
撮影は下総神崎-滑川間、および滑川-久住間で行いました。昨日の春の気温から一転、冷たい北風が吹き荒れ、ダイヤも20分程乱れておりました。
 やはり583系に昨日見たボンネット型489系といい、特急全盛期時代どこでも見られた光景がなんとも懐かしい車両であり、少しでも永く走り続けてくれることを願っております。









ビジネスバックにコンパクトデジカメとミニ三脚をしのばせ、仕事帰りに上野と両国駅での撮影に挑みました。上野駅はもちろん「能登」と「北陸」の最期を、両国駅ではびっくり企画列車である583系「犬吠」を見に行きました。
まずは「能登」までの間合い運用である489系「ホームライナー古河3号」、去就が気になるEF64-37牽引の「あげぼの」を撮影。
両国駅に移動して583系「犬吠号」を撮影。これは千葉支社の企画列車で両国駅を23:17発、銚子には7:03着というまさに千葉を走る「夜行寝台」。
さらに上野駅に戻り、2週間後に最終を迎える「北陸」「能登」を。しかし予想していたとはいえ、すさまじい『鉄』の数。隣ホームに列車が入っている北陸では正面の撮影するのがやっと…。最終日にはどうなってしまうのだろう。
この時期の日の出時間の関係から、上野口でも金沢口でも走行写真撮影が難しい両列車。最期の姿を見れて満足でした。



 2/19~21新潟県十日町で行われている雪祭り。20日の雪上カーニバルにおいて渡辺美里さんが出演。その応援列車として、上野⇒十日町間で『美里 雪の夢列車』が183系6連で運転されました。
渡辺美里さんは、私が唯一音楽を聴く大好きなボーカリストで今年でデビュー25周年。これまでも家族全員で何度もコンサートに足を運んでいるのです。今回この列車が運転されることを知り、乗るか…、撮るか…大変迷いましたが上野12:40発⇒十日町16:30と到着が遅く、滞在時間が4時間ほどしかない為、ゆっくり雪祭りを見ることができない。美里さん本人は乗車しない。資金的に厳しい…という理由で今回の参加は断念。183系の車体をHM他で装飾されるとのこともあり、撮影することに。
 事情により家を出たのか遅くなり、やむを得ず近場の与野駅付近で撮影しました(しかも到着したのが列車が来る3分前…イマイチの出来栄えでした)。車体には夢列車のHMに25周年のエンブレムや、美里本人の顔写真まで…装飾はかなり派手で、もっときれいに撮影したかった…。
 渡辺美里さんの恒例夏まつりは、今年山中湖での開催が決まっており必ず行くぞ!また夢列車も運転されると嬉しいな~(新宿-河口湖間に201系での運転…なんて無理かな)





c2fe6fb1.jpg

755d1d3d.jpg

1/28より会社の研修旅行でハワイに行って参りました。
1/28の成田発はNW-612便(B747-400)
2/1のホノルル発はDL-611便(B747-400)
そう!1/31よりノースウェスト航空便名もすべてデルタ航空に変わりました。
機材はしっかり既にデルタ塗装に変わっておりました。
JAL騒動の影響か?往復ともほぼ満席の状態でした。

そんなことで、ホノルル空港で目撃した機体を紹介しておきます。
会社の方々と一緒だったので、大胆に撮影することができず…でしたが。








会社の研修旅行の引率でハワイに行きました。
ハワイは妻と15年もの前に行ったっきりの、超~久々(でも4回目)
この時期のハワイは常夏の島と言えども、冬。朝晩は肌寒く、雨が降ることも多いです。と言ってもずーと降り続くことはまずありませんが。

研修カリキュラムのつかの間、自由にできた2日間を使って、ダイヤモンドヘッド登山と、アロハスタジアムでのスワップミートに出かけました。

ダイヤモンドヘッドはご存知、ワイキキビーチを一望できる小高い山です。
午前7時頃のサンライズを頂上から眺める為に、ホテルを6時過ぎにタクシーで出発。まだ薄暗い火口のゲードで1ドルを支払いよいよ登山開始!最初はなだらかなコンクリート道を登り、しばらくすると細い未舗装の道をひたすら登ります。15分程上ると現れるのが、76段と99段の心臓破りの階段。狭くて急斜面の階段はさすがに息切れ状態でした。でもそれを登りきって到達する頂上は最高の気分にしてくれます。
東の海から昇る太陽。反対側を見ればホテル郡が並ぶワイキキビーチ。それまでの疲れを吹き飛ばしてくれました。

アロハスタジアムへはワイキキビーチからTheBus(20番か42番)で約1時間。パールシティの手前にあります。ここに行くオプショナルツアーはないので、ここへ行くには路線バスかレンタカーしかありません。
ここで毎週水・土日に開催されているのがスワップミート。いわいる青空市場で入場料は1ドル。アロハスタジアムの外周道路を露天商が立ち並んでおり、Tシャツやアクセサリー、民芸品などどちらかというと観光客向けのお店が立ち並んでいます。ワイキキ周辺より格安での買い物が楽しめます。
私の足で各お店を見ながら歩いて1周約2時間かかる程、たくさんのお店があり、日本人の数も決して多いわけではありませんので穴場的な存在です。
今回、子供たちには多彩な動きをするラジコンカーやカラクリ木箱。妻にはアクセサリーやエコバックなどを買い込みました。

今後はぜひ家族とまた行きくなったハワイの休日でした。


↑このページのトップヘ