毎年恒例、横浜セントラルタウンフェスティバルの記念列車。今年のY158記念号は189系M51編成(国鉄色)にて5/27、28と運転されるということで、息子とともに撮影に出かけて来ました。初日27日は地元総武快速線を走ると言うことで、まずは津田沼-幕張本郷間の歩道橋から。

黒砂信号所ですぐに折り返してくるので、新検見川-幕張間に移動。

息子は立ち位置を変えて

列車はそのまま横須賀まで行き、石川町まで運転され、品川経由で回送されると言うことで、鶴見-新鶴見間にて。

新鶴見の出発シーン

息子は横位置で。

さらに息子のみ電車で品川へ移動して停車中の189系をじっくり撮影して来てもらいました。 

E259系成田エクスプレスとの並びも。

一昨年のY156は583系で運転され、昨年のY157は485系で運転。いずれもすでに廃車となってしまいました。ということで、この189系もこの後が心配です。