今週末は絶好の撮影日和!なんですが、体調不良で出かけることができず・・・(涙)
具合も良くなってきたので、久々に古い写真を紹介することにします。
今回は1988年4月に北海道で復活運転されたC62-3によるSLニセコ号を撮影に行ったものを紹介します。
現役世代に見たことがなかった憧れのC62の走行シーンを見ることができるとあって、とても興奮したのを思い出します。
当時、小樽-倶知安間をスハフ44などの旧型客車5両を牽引し、函館本線の山線で力強い姿を見せてくれました。
 

 

 

 

 

↓蘭島-塩谷間

倶知安に到着したC62「ニセコ」号




いつかは、梅小路のC62-2号機との重連運転があるだろうと期待しているうちに、残念ながら1995年運転終了。
その間7年間に訪れたのは、残念ながらこの1回限り。
現在C62-3号機は苗穂工場で保存(2000年除籍)。一方スハフ44は北海道ワインやゴルフ場などで保存されたそうですが、今はどうなっているのでしょうか。
色々問題が発覚しているJR北海道ですから、C62-3号機の再復活な〜んで到底今は無理なんでしょうが、ぜひその勇姿をもう一度見たいと思っているファンは私だけでないでしょうね。
 
※フイルム色褪せにより、見苦しい色合いになっております。ご容赦ください。