すっかり秋色になった八千代市を流れる新川沿いのサイクリングロードを、今日は久々に自転車で走って来ました。少し前までは、週に1度程ダイエット目的で走っていたのですが、しばらくサボってしまっていたものでした。
自宅から片道約8?、往復16?程の道のりで、この新川沿いには春は桜の木々が、初夏は一面の田んぼやツツジの花・・・など四季おりおりの景色と風を感じることができます。
サイクリングロード沿いには新川千本桜事業による数種類の桜が植えられているのですが、なんと河津桜が咲いている木があるではないですか!この温暖の気候により桜が咲いたといったニュースが流れていましたが、本当に咲いていました。しかもそのそばには秋桜(コスモス)が・・・。春と秋の桜のコラボを見られるとは驚きです。
a0414fd0.jpg


久々に走ってみて、ひとつ従来と違ったものがあることに気づきました。それは羽田へ着陸するための航空機の飛び方が変わっていました。従前は北海道方面からやって来た航空機が東京湾方面に向かっていたのですが、D滑走路ができたからでしょうか、北からでなく、南や東からやってくる航空機がこの上空で旋回し、東京湾方面に飛行する姿を見ることができるようになりました。着陸時に一定の間隔をあけて到着するようにそれぞれが迂回しているようです。一度に5機程の航空機を見ることができることもあり、のんびりとした田園風景で風を感じながら、空を見上げて楽しむことができます。
こんなのどかな風景での鉄休日。これからもサイクリングを続けたいと思っております。


↓4発機B747は音が違うんですよね。最近はほとんどが2発機、しかも静かなので違いはすぐわかります。